太陽光発電基礎工事鋼管杭工法自社開発工法

小規模からメガ・クラスのソーラーまで、あらゆる地盤・土質に対応可能。

鋼管杭工法の特徴

品質とコスト両立のために開発された鋼管杭は、軟弱地盤では羽根径を大きくして支持力を確保し、硬質地盤や礫質地盤では羽根径を小さくして貫入性能を確保します。幅広い地盤で適用が可能で、撤去時も全て鉄材であるため処分費は不要で売却益も見込めます。

写真:鋼管杭工法
写真:鋼管杭工法
写真:鋼管杭工法

関連リンク/パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード

事業紹介一覧に戻る

施工事例のご紹介
パンフレット・ダウンロード
地盤改良見積依頼
施工加盟店募集