特殊掘削工事浅井戸掘削工法

浅井戸掘削工法の特徴

 日本の平野部は沖積地盤が多く、沖積地盤には滞水層が広く分布しています。井戸掘削により地下水を揚水することが可能な地層ですが、10m以内の浅い地層に帯水層が見られる地域も多く見られます。この浅い層に井戸を掘削すれば、深井戸に比べて掘削費と揚水ポンプ費が低コストとなります。
当社はこの浅井戸掘削システムを開発し、富山県内で200件以上と、多くの方に低コスト井戸を提供して参りました。

写真:浅井戸掘削工法

グランテックの浅井戸掘削システム

  1. 2重管の下部より水噴射を行いながら、バイブロハンマーにて、ケーシングを地中に打ち込んでいく
  2. 下ケーシングを打ち終わったら、所定の長さになるまでケーシング継足を繰り返し、打ち込みを行う。
  3. 内管を引き抜き、外管のみを残す。
  4. 塩ビ製の井戸ケーシングを挿入し、外管との間は、フィルター砂利を充填する。
  5. 外管を引き抜き井戸完成

浅井戸掘削システムの仕様

掘削用具一覧

機器名 仕様・能力
車載式クレーン 4t車・2.9t吊り
バイブロハンバー 5HP
発電機 200V・13KVA
掘削方式 二重管水圧ジェット掘削
引抜方式 油圧式引抜機
掘削管仕様 外管外径 100㎜
外管内径 100㎜
内管外径 90㎜
継足法式 ネジジョイント
最大掘削長 22m
先頭管長 2m又は6m

ストレーナー管仕様

管規格 VP50
継足法式 角ネジジョイント
スクリーン管規格 VP40

事業紹介一覧に戻る

施工事例のご紹介
パンフレット・ダウンロード
地盤改良見積依頼
施工加盟店募集