「目的はなにか」を考える

              
 私たち人間は社会を形成し、いろいろな活動を行っています。自分の思い通りの人生を送っている人は少なく、多くの人は何らかの不平や不安、不本意な思いを抱きながら生活しているのではないでしょうか。一体私たち人間は、なぜこのような思いを抱きながらも毎日生き続け、生活を続けているのでしょうか。
 人間以外の生物が生き続けているのは、神が創った種の保存プログラム「本能」により、種が永続するための行動を黙々と続けているだけなのですが、人間も同じなのでしょうか。
 私は、人間と他の生物とは決定的に違う点があると思っています。その違いとは、神は人間に「幸福になるための知恵」を与えたということです。人間が生きている目的は「幸福になること」なのです。
 それでは私たちは、神から与えられた知恵を「幸福になること」に使っているでしょうか。もし、違っているとすれば、私たちは神の意思にそむいて生きていることになります。
 世の中の多くの人は「目的」と「手段」を混同して生きています。目的は「幸福になること」であるのに、「金持ちになること」「権力を握ること」が目的化して、毎日心休まらない不幸な日々を送っている人は山のようにいます。
 この“「目的は何か」を考える”の項は、シリーズとして、いくつかのことを思いつくまま書いてみたいと思います。賛同される方、されない方、いろいろなご意見をいただけたら幸いです。

その1  宗教の目的はなにか

そもそも宗教は、多くの人が抱える心身の不安、悩み等を、特に精神面から安らかで安定した状態に変え「幸福感を持って」過ごせるようにするもののはずです。 すなわち宗教の目的は「人を幸福にすること」です。
世界中にいろいろな宗教がありますが、おそらく名のある宗教の創始者はその思いで人に説いていたのが広まって、世界的な宗教になったのであろうと思います。
ところが宗教も時を経て大きな団体になると「幸福の追求」が「権力の追求」「利益の追求」を目的とする指導者が多くなり、変質していきます。
本来、多くの人の「心の幸福」の追求であれば、他の宗教を信じて心の平安を得ている人に、強く改宗を迫ることはすべきではないはずですが、自らの集団の拡大や権勢の増大が目的化していくと、他宗教を攻撃することとなります。
宗教に限らず、企業でも創業者が社会に貢献すべく青雲の志をもって成長させた後、引き継いだ経営陣が事業の目的を「利益をあげること」と勘違いをして不正に走ることは多く有ります。 また、自らの権益を追求するために権力闘争に明け暮れることは珍しくありません。 人間は集団を作ると権力を欲するものが現れ、無知な大衆をもっともらしい自説で洗脳し、自派に引き込んで自派を大きくし、更なる権力を得ようとするものです。
宗教によっては牛を食べない、豚を食べない等の食制限がある場合があります。 おそらく創始者の時代にはこれを食することにより、病気やアレルギー、環境に対する影響等制限したほうが合理的である何らかの理由があったのであろうと考えられます。
本来「人を幸福にする」ことが目的であれば、時代の進歩により制限が必要なくなった人には、引き継いだ後継者は勇気を持って変えるべきであろうと思います。 また、変えた理由も明示すべきであろうと思います。
宗教の名の下に他者を攻撃し、殺戮する集団は宗教団体ではなく、宗教を利用して自らの欲望を実現しようとしている輩に他なりません。
自らを「宗教者」と考える人は、今一度創始者が考えた「宗教の目的」を考えてみて頂きたいと思います。 偉大な宗教の創始者は、決して他者を攻撃することを許してはいなかったはずです。